起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


ビルを無償で借りれますが。。。

最終回答:2014/10/17 13:11
回答した専門家:1人

QUESTION

近頃、会社を畳んだ者です。

就活をいしている最中に、自分でやっていた事業と同じ事業の休止状態の企業の責任者の話が来ました。
そこのオーナーにプレゼンをしましたが、オーナーは事業を始める気はないと言っておりました。
(複数の事業をやっている方でした。プレゼンの依頼はその側近の方に依頼されたものです)
休止状態の企業は自社ビルであり、テナントが入っておりません。
ビルを無償で貸すから好きにやってくれと言われましたが、私は事業資金はもちろんですが生活費も底を付く
状態です。

この案件に挑戦したい気持ちはありますが、一度会社を畳んでおりまだ傷が癒えてないですし、
生活費もない状態なので、どうするべきかわかりません。
何か、融資などのアドバイスがあればお聞きしたいです。

よろしくお願いします。

ANSWER

回答日:2014/10/17 13:11

はじめまして。行政書士で起業支援を行っている野村篤司と申します。
ご質問の件、下記の通り回答致します。

①生活費もない状態
行政書士としてよりも、個人的な見解にもなりますが、まずは生活を安定させることが最優先ではないでしょうか。一度経営を経験されていらっしゃるのであればあえてお話するのも変ですが、経営者となると「判断」がとても重要になります。融資を申請すればできないこともないと思いますが、生活が安定しない状態で、高度な経営判断ができるかというと難しい気がします。まずは最低でも自己資金50万円以上は備えた状態で、ローコスト、ローリスクで始めるのが無難ではないでしょうか。「無償で貸す」というのは、非常においしい話に聞こえますが、法理的には「使用貸借契約」といい、信頼関係を基礎とするため、有償の賃貸借契約と比べて借主の地位はとても弱いです。このあたりは、事業を始める上で極めて重大なリスクとして考えられるでしょう。

以上、参考になれば幸いです。厳しい回答かもしれません。気を悪くされたら申し訳ございません。

 1320pt

0 0 7
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 経営計画・改善 IT・インターネット
保有資格
行政書士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説