起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


創業融資について

最終回答:2015/06/04 16:40
回答した専門家:3人
カテゴリー 資金調達 > 事業者向け融資 40代 男 既婚

QUESTION

創業融資について幾つか不安な点があり、質問させて頂きます。
①事業経験が短いのではないか?
約1年前に5年間勤めた会社を辞め、全く異業種の飲食業で独立したいと思い、現在飲食店で経験を積んでいますが、その経験はまだ約1年です。
②教育ローン返済中であり、やりたいことが、志し半ばで変わっているという悪印象がないか?
約10年前に教育ローンを組んで返済中です。約200万円の残債があり、きっちりと返済中ではありますが、専門学校を資格も取らず中退し、その専門学校とも全く無関係の飲食業での開業です。
③過去に信用情報に事故歴がある。
約2年前に信用情報を調べたところ、その事故歴は2ヶ月前には消えているはずですが、不安があります。
④ここ半年間で自己資金が減少している。
半年前に開業するための物件探しなどの為に社員からアルバイトになり、自己資金(貯蓄)がどんどん減ってきています。融資申請の際、通帳提出が必要かと思いますが、悪印象にはならないでしょうか。開業必要資金に対して3分の1は残ってはいますが…。

以上のような点で融資に対して不利に働くのではないかと不安です。
融資申請の際にこのマイナス店をクリア出来るようなアドバイスがあれば、よろしくお願い致します。

ANSWER

回答日:2015/06/04 16:40

はじめまして。資金調達・事業計画など創業アドバイザー税理士の三輪篤史と申します。
少しばかりですがアドバイスさせて頂きます。

①-④に関してはご自身が心配されているポイントとして、確かに融資審査の上で不利にはたらくものもございますが、
特に重視される事業計画書ではアピールポイントと懸念されている部分について、ストーリーがしっかりできているかが重要になると思います。

「5年間勤めた会社を辞めてまで、全く異業種の飲食業独立を決意し動き始めた」わけですから、そこにはストーリー(熱い思いや人とのかかわり含めて)があります。
それらを一度整理されてみると、うん!と良くなってくることは結構多いですよ。

もちろん、審査の上では数値計画なども含めた総合判断になりますので、より詳しい現状でお近くの専門家などご相談されるのも良いかもしれませんね。

以上、ご参考になれば幸いです。

事業成功に向けて頑張ってください。

 70pt

0 0 0
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善
保有資格
税理士 FP(ファイナンシャルプランナー) 起業支援アドバイザー / 認定支援機関 / 

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2014/10/15 09:15

こんにちは。
融資や創業補助金の申請、自分らしさを活かしたビジネスモデル策定を
専門にしている新井克也と申します。

②については、回答されていましたので割愛致します。

①について
経験年数は一般的には3年は欲しいところです。
単に年数ではなく経験の中身をしっかりアピールすることで
補完出来ますので大丈夫です。
事業計画書に経験の濃さや中身を反映しオンリーワンに魅せるように
仕立てるのがポイントです。
飲食業は初期投資が大きい割に回収が難しい事業です。
継続して顧客を囲い込む魅力を伝えてください。

③について
信用情報から事故歴が消えていれば問題ありません。
ご安心ください。

④について
現状の自己資金をキープ出来れば問題ありません。
創業補助金の申請も今月末くらいから始まる予定です。
合わせて補助金申請も行い、資金の有効活用を考えてみては
いかがでしょうか。

弊社でも個別相談やセミナーも開催しておりますので
よろしければ、ご利用ください。

成功をお祈りしております!

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2014/10/14 19:50

はじめまして。行政書士で起業支援を行っている野村と申します。
創業融資の申請について、私の経験からアドバイスさせて頂きます。

(1)事業経験、事故歴、教育ローン、自己資金…
これらはお考えのとおり、金融機関側の印象はマイナスではあると思いますが、これらのみをもって、即NGかというと
そうではありません。日本政策金融公庫を含む金融機関では、基本的には『事業計画』を重要視しています。
そのため、『事業計画をしっかり作る』ことこそが、マイナス点をクリアするポイントなのではないでしょうか。

(2)事業計画で特に重視すべきポイント
「飲食店」については、最も起業が多い業種である一方で廃業も多く、審査の目も緩くありません。
自己資金が3分の1以上あるのはプラスですが、開業して成功するだけのポイントをアピールする必要
があるでしょう。たとえば…

・立地における優位性(飲食店においては立地のポイントは大きいと言われています)
・リピーターの獲得策(観光客を狙う飲食営業スタイルでなければ、基本的にはリピーターの確保がポイントと考えています)
・メインメニュー1商品当たりの利益(こういったところまで計算して考えているのはアピールポイントになります)

などが挙げられます。

まずは誰が見ても納得する事業計画を作ってみるとよいでしょう。日本政策金融公庫でも気軽に相談に乗って頂けます。
「事業計画書の作成」こそが評価につながると考えます。
以上、アドバイスになれば幸いです。

 1320pt

0 0 7
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 経営計画・改善 IT・インターネット
保有資格
行政書士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説