起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


ひとり親同士のシェアハウスの立ちあげについて

最終回答:2015/05/10 19:26
回答した専門家:2人

QUESTION

お世話になっております。
今年空き家の再利用をして、シェアハウスの立ちあげをしまして
不動産業者が間に入らないで、大家さんと直で交渉して立ちあげました
このシェアハウスのコンセプトは若者支援(フリーターや学生)なのですが
その中で、シングルマザーの方が住んでましてそれを見て
将来ひとり親だけのシェアハウスの立ちあげを考えました。

例えば、保育園なども経済的に預けられない方や
シングルマザー・ファザー同士なので、相談相手や
シェアハウスなので、生活負担の軽減などもあり
作ってみたいと思いました。

今回、住民の中に異性がいるだけで事実婚とみなされ
ひとり親の手当が打ち切られるニュースがあり
その様なデメリットを回避する為にどの様な方法で回避できるか
知恵を頂ければと思っています。

ANSWER

回答日:2015/01/17 20:21
ベストアンサー

はじめまして。行政書士で起業支援を行っております野村篤司と申します。
シュアハウスで児童扶養手当の支給停止のニュース、私も拝見して驚いた記憶があります。
この件について、塩崎公正労働相は「一緒に住んでいるからというだけではそれを打ち切るのは簡単ではない」として東京都国立市の対応について疑義を示しています。
個別事情により判断されるべきですが、他の市区町村でも同様の取り扱いがなされるかについては、現状では不透明です。
シングルマザー・ファザーにとって、児童扶養手当はとても重要です。仮に児童扶養手当が停止されるリスクが少しでもあれば、入居契約時に希望者に対してリスク説明を行うべきでしょう。市区町村の対応ですので、あらかじめ回避できる明確な方法を探すよりも、事業計画に影響がでないように説明責任をいかに果たすかという点で計画を練るとよいと考えます。
回答は以上です。参考になれば幸いです。ご質問ありがとうございました。

 1320pt

0 0 7
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 経営計画・改善 IT・インターネット
保有資格
行政書士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2015/05/10 19:26

不動産鑑定士の洲浜と申します。

ご質問の件ですが、
シェアハウスの場合
個室と、共用部分(キッチン、ダイニング等)にわかれているケースであれば、個室に部屋番号を割り振ることで、別の居室に住んでいることになると思います。
一軒家で、部屋番号がない状態であるため、実質同一生計を営む家族とみなされるのではないでしょうか?
つまり、個室に部屋番号を割り当てて、鍵が掛かるように独立性を確保すれば解決するのではと思います。
仮に、独立性が確保されていても補助ができないとすれば、どこの行政(区?町?)なのか教えていただき、調査する余地はあるかと思います。
行政区によって対応が異なる場合も考えられるので。
取り急ぎ、考えられる点を申し上げました。
さらに不明点等があれば、私に個別質問として質問を投げてください。
よろしくお願いします。


 10pt

0 0 0
専門分野
経営計画・改善 資金調達 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略 研修・コーチング
保有資格
宅地建物取引士 不動産鑑定士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説