起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


初めての事業資金借り入れについて

最終回答:2015/02/22 16:17
回答した専門家:3人
カテゴリー 資金調達 > 新規創業者向け融資 どすこい

QUESTION

昨年6月から個人で営業の仕事をしました。まだ開業登録などはしていません。3月を決算にして申告をして事業資金の借り入れをしたいと考えていますが、借り入れを成功させるためには黒字で少しでも税金を納められる状態ならば融資は可能でしょうか?

ANSWER

回答日:2015/02/22 16:17

はじめまして。起業支援を行っております行政書士の野村篤司と申します。

ご質問の件、すでに事業をスタートされていらっしゃるのであれば、赤字よりも黒字の方が金融機関の印象が良いのは確かなことでしょう。
しかしながら、創業期に融資を受ける上で金融機関が重視するのは、「事業計画」です。短期的な黒字よりも、長期的な視点で利益が出せるかどうかなども審査の対象となります。
「創業融資」は(※政策的にも)比較的認められる可能性が高いですが、そもそもある程度黒字が出ているのであれば、なぜさらに融資を受けなければならないかなどの説明も必要となります。
融資を得ること自体が目的となってはなりませんが、黒字赤字の観点よりも、事業計画が重要であるとご認識頂いたうえで、日本政策金融公庫をはじめ、さまざまな金融機関に相談するとよいでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

 1320pt

0 0 7
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 経営計画・改善 IT・インターネット
保有資格
行政書士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2015/02/19 04:53

初めまして。
資金調達や補助金活用のコンサルティングをしております新井と申します。
融資を考えるのであれば、黒字化はしたほうが良いです。

その上で「自己資金がいくらあるのか」が重要なポイントです。
銀行は投資はしないので、返済可能性のある事業にしか融資をしません。
・事業計画書を作成し、4月以降の見通しについて表記する
・資金使途
・希望融資額
などについて整理した上で申し込む事になります。

銀行との面談は1回です。
やり直しはないため、しっかりと準備する事をお奨めいたします。

弊社でも相談に乗っておりますので、必要でしたらご連絡ください。
ご健闘をお祈りいたします!

【連絡先】
lmj@penseelaterale.com
新井克也

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2015/02/04 18:06

個人事業者の決算日は、日本全国毎年12月31日が締切日となります。

ご自分で3月を決算月とする事は認められません。

確定申告期間は、個人事業主で士業(弁護士・税理士・社会保険労務士等)で、源泉徴収が還付予定者は2月16日前でも確定申告が可

能ですが、それ以外のかたは、2月16日~3月15日までに確定申告をします。

金融機関への借入申込みの際、個人開業届+確定申告書+青色決算書(又は白色収支内訳書)が必要です。

借入は、①運転資金の申込み  ②設備資金の申込み の2種類があります。

運転資金とするには、(売掛金+在庫金額ー買掛金)=運転資金 しか融資が申し込めません。

設備資金の申込みは、設備等の購入見積書・請求書・後日領収書を提出致します。

上記以外の融資は?? となります。

どちらを申し込むにも、それなりの書類を準備しなければならないと、思います。

 
融資可能かの判断は、貸し出す先の目利きとなりますが、

毎月幾らの利益がでるので、毎年幾らなら『借入金が返せるのか?』の範囲内でしか

融資が実行されないと思います。

例えば、本人の生活費が20万円で毎月30万円の利益が出るのなら、

(30万円ー本人の生活費20万円) × 12ヶ月 = 年間120万円の元金返済

5年期間の融資だと、 120万円×5年=600万円~550万円の融資が可能と思われます。

貸し出す金融機関にもよりますが、同一業種3年以上の勤務経験を求められる場合もあります。


税金を納めれれるは、最低の条件であり、満額融資は出ないのが普通です。

 990pt

0 0 6
専門分野
会計・税務
保有資格
税理士 宅地建物取引士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説