起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


年商一千万前後の事業

最終回答:2015/02/22 15:48
回答した専門家:1人

QUESTION

代々つづく年商一千万円前後の個人事業をしています。
現社長が、再婚の相手に20歳以上も若い外国人と籍を入れました。
私(次期社長候補)が心配なのは相続で。

工場の土地、工場周りの在庫スペースなどの資産は現社長の所有物と前社長の所有物が混ざっている状況です。

私が今後、事業を続けていくにあたって、現社長が亡くなったとき配偶者(外国人)が半分の所有権を持つことになると思うのですが、工場などの土地は今後も使用していかなければならないので現金を支払うことになると思います。

金額が何千万円とかにならないとわざわざ弁護士をやとってまでして遺産の分配権を争ったりなんかが起こらないから全く問題ないと現社長がいうのですが、はたしてこのままの状態で事業を続けていっていいものなのか?

ご回答よろしくお願いします。


ANSWER

回答日:2015/02/22 15:48

はじめまして。行政書士の野村篤司と申します。ご質問につき、下記の通り、回答致します。

法人格を有せず、個人で事業をされていると、事業用資産も相続の対象となるため、ご質問者様のご不安は当然のことと思います。
このような場合に有効なのは、最低限事業用資産についてだけでも、「遺言書」を書いてもらうことです。特に、少し費用がかかりますが、自分で書く「自筆証書遺言」という形式ではなく、「公正証書」という形で残す「公正証書遺言」を選択することで、より不安を低減させることができます(自筆証書遺言は、紛失してしまえばおしまいですが、公正証書で作成すれば、原本は公証役場で保管されるため、紛失や偽造の恐れはほぼありません)。

なお、現社長は金額を根拠に遺産争いは起こらないとおっしゃられておりますが、家庭裁判所が公表している遺産分割調停事件の統計データでは、1000万円以下の事件が約3割(平成19年)を占めています。そのため、遺産額が少ないから争いにならないというのは相続の実情とは異なっています。このようなこともお伝えしたうえで、遺言書をきちんと残してもらうように説得を試みると良いのではないでしょうか。

ご不明な点がございましたら、オンライン相談にても承ります。よろしくお願いいたします。

 1320pt

0 0 7
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 経営計画・改善 IT・インターネット
保有資格
行政書士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説